保育理念

保育理念

全ての子ども達に愛情・知識・技術をもって接し、子ども達が身体的、知能的、道徳的、精神的、社会的面で成長することが可能な機会及び利益を提供し、子ども達の最前の利益を守るように保育に努める。

保育方針・保育目標

・養護の行き届いた環境の中で子ども一人一人の価値、個性を尊重し全ての子どもが心身共に健やかに育つよう配慮する。
・子ども達が自らの意思で学び、育とうとする環境整備を行い、学習行為自体への充実感・達成感を味わい、学習成長意欲を高める。
・日常での経験・体験を通して、子どもの内面世界を豊かに育て、他者とのコミュニケーションに必要な言語等への興味を持たせ、身につけたスキルを通して「他者の思いを理解するチカラ」「自分の思いを他者に正しく伝えるチカラ」を身につけさせる。
・生活を通して、食事・睡眠・排泄・着脱等の基本的習慣を身につけ、豊かな感性を育てる
・集団生活を通して、家族・保育士・友人などの他者との愛情・信頼関係を築かせ、その関わりの中で相手を思いやる心・協調性・社会性を学ばせる。

年齢別指導目標

・園生活を楽しみ、運動遊びを活発に行うとともに、基本的生活習慣を身に付ける。
・友達同士の関わり合いを深め、意欲的かつ創造的に遊びに取り組んで実感を味わう。
・身近な社会や自然の物事に興味や関心を持ち、見たり、考えたりする。

・基本的生活習慣を園生活の流れに沿って自分からしようとする。
・元気に遊び、基本的な身のこなしを覚え、安全に気をつける。
・保育士に親しみ、好ましい友達関係を作り、集団生活に必要な決まりを知る。
・豊かな感情をはぐくみ、様々な表現活動を楽しむ。
・自分のしたことや経験を三歳児なりに伝える。

・園生活を喜び、いろいろな活動や運動に取り組む。
・より多くの体験を通し、友達や保育士との関わりを深め、楽しく遊ぶ。
・遊びの経験を広げ、様々な方法で、のびのびと表現する。

・基本的生活習慣を身に付ける。
・運動機能を伸ばす。
・音楽や素材などを通して、表現活動の芽生えを育てる。

安全な環境の中で、保育士との個人的なふれあいに配慮しながら、歩行の完成、運 動機能の発達を図る。
周囲への探索や言葉の習慣を助け、友達への関心を育てる。
自分でしようとする気持ちの芽生えを易ないながら、保育士の手助けを通して、基本的生活習慣が身につくようにする。